【看護師】転職成功のカギ ~失敗に学ぼう 面接編~

「必ず」といっていいほど面接で聞かれる”よくある”質問をまとめました。
ケースごとによく考え、対応できるようにしておきましょう。

case1 どうして前職を退職したのか?

→退職の理由を聞かれます。

”なぜ退職したか”は、志望の動機や自分のアピールに続いて多い質問です。
でも、基本的に、先輩との折り合いが悪い、給与が低いことが「転職したい理由」に挙がってくるので、退職の理由としては「うしろむき」な印象を持たれてしまいます。

では、どのように対処すればよいのでしょうか?

まず、スキル面を挙げましょう。

「スキルアップできる環境に行きたい」「しっかり後輩に指導して、長く勤めてもらえるような教育をしたい」など、「まえむき」な印象をもってもらえる理由を考えておくと、クリアできるはず。
そして、応募先の病院が奨めている看護の取り組みとつなぎ合わせて、「この病院だから、こういう看護がしたい」という想いを素直に伝えば、面接官が納得する確率は高まります。

人間関係と給与のことは、別の質問の機会にすり合わせしていきましょう。



case2 今までにまとめてきたケーススタディのテーマや内容を聞かれたが、思い出せなかった

→「過去にどんな看護をしてきたか」のケーススタディについて聞かれます。

特に、研究熱心だったり、学会の発表に力をいれている病院だと、話題にのぼる確率が高そうです。なかには、履歴書の提出をする段階で、研究発表に使ったレポートを応募書類の一つとして求める病院もあります。

同じ診療科で転職をする場合も、応募者にたいして、「自分の病院で、これまで看護してきた経験をどう生かしてもらえるのか」を期待されています。

応募をするときは、これまでのケーススタディを振り返っておき、面接で落ち着いて対応できるようにしておきましょう。



case3 子どもができたらどうする?仕事を辞めますか?

→育児と仕事の両立ができるかどうか聞かれます。
 同様に、「熱を出したらどうする?」と聞かれることもあります。

このケースでは、「産休と育休をいただいた後に復職したいと考えています。育児は、自宅のそばに託児所があり、いざというときは母親や夫も手伝ってくれることになっています。仕事と育児の両立に差支えはありません」というのが理想的な答え方です。

「いざというときに対処できるので、職場に迷惑をかけることはありません」ということを、具体的に伝えることが重要です。そうすれば、採用側は、「これだけしっかり対策も考えてくれるなら、長く働いてもらえそうだな」と安心できます。

かといって、本当は辞めるつもりなのに、採用されたいばっかりにウソをつくのは考えもの。病院に迷惑をかけるので、社会人としてマナー違反ですし、「人としてどうか」も問われます。

自分の気持ちは正直に伝えて、両者が合意のうえで働きはじめましょう。言うまでもなく、採用される確率は下がります。
しかし、双方が合意できない条件では、働き始めても仕事に気合が入らないのではないでしょうか。



case4 「明日からお願いしたいですが、来れますか?」と言われ、まだ決めていなかったのに、ついつい「はい」と答えてしまった…

→勤務を開始できる日にちについて聞かれます。

すでに退職しており、翌日からの勤務が可能なら、「はい」と答えることに問題はありません。

それから、大切なのが、「本当にその病院が第一希望か」です。

ほかにも応募している病院がある場合は、「一日だけ考える時間をください」「○○日まで引継ぎがあります」などと答え、時間をもらいます。
期待してくれているのですから、できるだけ早い返事をかえすのがマナーです。

ほかの病院の面接が控えている場合は、そこまで待ってもらえるような相談をしてみましょう。

在職中なら、引継ぎに必要な時間を計算して、勤務を始めるのに差し支えない時期を伝えます。
履歴書の希望らんに「○月○日から希望」と書いておくのもよいでしょう。
病院側が「すぐ人がほしいから、そこまで待てない」と言うなら、「縁がなかった」と思い、割り切ることが大切です。転職先を探すのも大事なことですが、前の職場での責任を果たすことも、社会人として大切なことです。



case5 病院の経営について、今後の展望を聞かれたんですが…答えに困りました…

→病院をとりまく社会の流れにどのくらい興味があるかを聞かれます。

しかし、なにもニュースを解説するような深い知識があるか試しているわけではありません。
「社会の動きに興味を持つこと=患者やその家族からの要望に応じた対応をしてくれるか」を確かめているのです。

こういった質問には、いつも考えていることをそのまま伝えて問題ないです。

気を付けることは、応募先の病院にある程度は近い考え方を伝えること。そうでないと、印象が悪くなります。
病院のホームページやブログをチェックするなど、準備はしておきましょう。

また、キャリアが長くて、管理職クラスでの転職になると、勤務するうえで、経費や人員に関することなど、経営にかかわってくることもあるかもしれません。

ある程度しっかりとした意見を伝える必要がありますので、心しておきましょう。