看護師を辞める前に知っておきたい4つの解決方法

看護師を辞めたいです・・・。

心中お察しいたします。
看護師は肉体的にも、精神的にも辛いですよね。
「苦労してなった看護師を辞めたい」と思うほど悩んでいるなら、一度辞めてみるべきです。
決断が遅くなればなるほど、心や体を壊してしまい、一生取り返しがつかなくなります。

ただ、看護師を辞めてからの「経済的にも将来的にもキツい現実」は覚悟しておいてください。


やっぱり看護師を辞めると経済的にキツいですか?

はい。看護師を辞めたほとんどの人の収入は悪化します。
例えば年齢にもよりますが、正社員で雇ってもらえる可能性がかなり低いです。
そのため月収がかなり下がるでしょう。
アルバイトしか見つからなければ、どんなに頑張っても月14万円ほどにしかなりません。
時給90

救命に転職したい人へのQ&A

前々から気になってたんですが、救命って転職で入職できる職場なんですか。

できます。

ただ、いろいろな症例を看る必要があるので、基本動作の点滴、注射に代表される器具の挿入などの処置を手取り足取り教わる時間はありません。したがって、病棟で3年は経験を積んでおくと、入職がスムーズです。



救命に転職したいと思っていますが、どんな病院に入職すれば良いですか。

救命に入職したいなら、第三次指定の病院を選びましょう。
なぜなら、ここに救命救急センターや高度救命救急センターがあるからです。



第三次指定の病院というのは、どういう病院なんですか。

患者さんの重症度により、3つの段階があるのですが、患者さんの容体に合う病院に運びます。

一次救急は、

【看護師】サイトに頼らない転職、3つの考え方

看護師求人を探すとき

求人を探すとき、最近では、休憩中にスマホで見ることもあるでしょう。
「看護師 転職」「看護師 求人」などで検索すると、沢山の求人サイトが出てきます。
転職サイトだと、場所や職種など、希望する条件をいくつか絞り込めるので、「いかにも」自分にぴったりで、条件が良さそうな求人がヒットします。
ただ、その病院と他の病院をくらべて検討したくても、いちいち個人情報を登録しなければ、詳しい情報までたどり着けない場合が多いです。
更に、すでに登録している人から優先的に仕事が紹介されていくため、気になる求人があっても、転職サイトに登録した時点で、まだ募集があるかどうかはわかりません。
せっかく応募しようと思ったのに、叶わないことも多いでしょう。

でも、あきらめない

看護師の転職~人材の紹介会社に頼んでいいの?~

そもそも、人材の紹介会社って何?

人材の紹介会社とは、働く場所を探している人と、働く人を探している企業(病院、クリニックなど)を結びつける民間の会社を指します。

仕事を求めている方々には、働く場所の紹介やキャリアに関する相談など、すべてのサービスが無料で提供されます。

なぜなら、人材の紹介会社が個人にお金を負担させることを法律で禁止しているからです。



どんなステップで転職するの?

紹介会社のホームページから個人情報を登録。その後、一度事務所へ出向きます。
希望の条件を詳しく伝えたら、求人が出るまで待つだけです。

どうです?簡単でしょう。

それでは、人材の紹介会社を利用したときの応募から内定まで、5つの流れをカンタンに説明します。

転職が成功するまで~8つのステップ ~

転職するためのステップ
~自分を知ることから始めよう~

step1 自分のことを書き出す

最初に、転職を成功させるカギとなるステップからスタートします。

このステップは、転職活動をするうえで、とても重要です。
何をするかというと、自分の事実をきちんと洗い出す作業をします。
いちばん大変なところですが、しっかり自分と向き合い、一つずつ丁寧に考えましょう。

まず、自分の中の事実を5つに分けて書き出します。

●履歴書
●職務経歴書
●看護経験のなかでも、いちばん感動した場面
●現在の仕事で問題や障害になっていること(すべて書き出す)
●現在の仕事でいちばん好きなこと、得意なこと、嫌いなこと、不得意なこと

自分の不得意を克服したいからやりたい!と思

【看護師】循環器内科へ転職したい!Q&Aで成功のポイントを知ろう。

循環器科への転職は難しいですか。

はい。しかしながら、循環器科は、ほかの科目に関連する症状を知ることができるので、得るものが大きいです。

急変が多く、難しい心電図をよまなくてはならない現場です。
新人だと肉体的にも精神的にも、ものすごくハードですが、スキルアップしてキャリアを重ねたい方には適しています。
若いころに経験したほうが将来の糧にもなります。



循環器には循環器内科と循環器外科があると聞きました。どう違うのですか。

循環器科では、心臓病、血管の病気の患者さんを専門に看ます。
現状の一般的な治療の流れをカンタンに説明します。

循環器内科になるか、外科になるかの決め方ですが、まず、検査をしたうえで、総合的に判断をします。

循環器内科は…

【看護師】透析室へ転職したい!成功のポイントQ&A

透析室

病棟で働いています。夜勤や残業がないと聞き、透析室に興味があります。転職はできますか。

転職できますよ。

おっしゃるとおり、夜勤や残業もありません。
ただ、一般病棟と比べると、専門性が高い職場です。



どういったことが専門的になりますか。

まず、仕事の内容が専門的です。

一般病棟での業務といえば、点滴や採血と診察・検査の介助がメインですが、
透析室においては、透析中の観察と管理がメインになってきます。


いままでの経験が生かせないということですか。

いいえ。ただ、まったく別の知識や技術に触れる機会を得ることになります。

その機会を受け入れられるか、受け入れられないかで変わってくると思います。

なぜなら、透析

【看護師】精神科へ転職したい!成功のポイントQ&A

精神科への転職を考えていますが、精神科はどんなところですか。

ほかの科とちがい、身体の治療ではなく、心の治療をする唯一の科です。



どんな施設がありますか。

クリニック、診療所、総合病院など、さまざまな施設があります。



どんな看護をするのですか。

急性期、慢性期によっても違うのですが、「患者さんとコミュニケーションをとり、患者さんの心の中にある問題に対処できるように支える」看護をします。

急性期病棟では、興奮、混乱、拒絶といった症状の患者さんのを受け入れ、3か月くらいで短期的に集中した治療をしてゆく場所です。

慢性期病棟では、比較的落ち着いた症状の患者さんを受け入れているので、1人1人の患者さんにしっかり向き合いながら看護をします

【看護師】消化器科へ転職したい!成功のポイントQ&A

消化器科への転職を考えていますが、消化器科はどんなところですか。

消化器官を看るところです。

食べたものが消化・吸収され、排泄される間に関わる臓器をすべて看ます。
具体的には、食道、胃・十二指腸、小腸・大腸、肛門、肝臓、脾臓、胆道、膵臓です。

消化器科は、消化器内科と消化器外科に分かれています。



消化器内科と消化器外科は、どんな違いがありますか。

手術をするかしないかの違いがあります。

消化器内科では手術をしなくても薬の内服や点滴などで治療ができる患者さんを受け入れます。

消化器外科では、手術が必要な患者さんを受け入れます。

いずれにしても、消化器内科での血液、X線、CTなどなど、一般的な検査と、内視鏡やバリウムでの透視検査などの

【看護師】整形外科へ転職したい!成功のポイントQ&A

整形外科への転職を考えていますが、整形外科はどんなところですか。

骨折や捻挫などから運動機能の回復を図るところです。

部位にかんしては、手足や脊椎がメインですが、これらに係わる骨、関節、靭帯、神経、筋肉なども含まれます。骨腫瘍、腱断裂などの治療もします。



ブランクがあっても問題ないですか?

はい。

ブランクがあっても歓迎します。また、未経験の方でもやる気さえあれば、問題なくお仕事していただけます。

クリニックや外来だと日勤のみの募集がありますから、ちいさな子どもがいても、ライフプランに合わせて働けます。



どんな勤務先がありますか。

クリニックや外来、専門病院、外来、病棟、変わりダネでスポーツ整形外科があります。

スポ

【看護師】泌尿器科へ転職したい!成功のポイントQ&A

泌尿器科への転職を考えていますが、泌尿器科はどんなところですか。

尿にかかわる臓器を看るところです。

部位としては、尿管、膀胱、尿道、陰茎や副腎の治療がメインですが、内分泌疾患、腎臓病も扱います。

また、小児泌尿器科では、停留睾丸や停留精巣も受け入れます。



男性の病気を看るところかと思っていましたが、いろいろな疾患を看るんですね。

はい。
尿漏れ、肉眼的血尿などで悩んでいらっしゃる方は男性だけではありません。

そして、中年の方を看るイメージがあるかもしれませんが、近ごろは、性感染症や膀胱炎などで受診される若い女性もいらっしゃいます。



女性も受診するんですね。どんな勤務先がありますか。

クリニックや外来、病棟があります。

【看護師】腎臓内科で働きたい!転職成功のためのQ&A

腎臓内科勤務を考えています。腎臓という器官の特徴、科の特徴を教えてください。

まず、腎臓は血液をろ過し、体内に不要な物質や水分を尿として排出する器官です。

その大きさは握りこぶしほどで、背中側の腰骨の上に二つあります。また、血圧の調整を行ったり、血液を作る指令を出す機能も持っています。

次に、腎臓内科は腎臓のみを専門に取り扱う診療科です。

一つの臓器で科が成り立つほど、腎臓の仕組みは複雑で奥深いです。



腎臓内科は専門色が強いのですね。どんな患者さんが受診されますか?

健康診断で尿蛋白が出たという方、むくみのひどい方など、腎臓の異常が予想される患者さんが検査や治療に訪れます。

また、ネフローゼ、急性腎炎、慢性腎不全など、様々な腎臓系の病気の

【看護師】 呼吸器内科へ転職したい!成功のポイントQ&A

呼吸器内科への転職を考えてますが、呼吸器内科はどんなどころですか?

肺、気管支などの呼吸器系の疾患の患者さんに対して、内科的治療をするところです。

肺癌、肺炎などの疾患を主に扱いますので、肺結核などの呼吸器感染症に関わることもあります。



どんな勤務先がありますか?

呼吸器内科を専門としているクリニックや外来、病棟勤務があります。



仕事の内容を教えてください

外来、病棟とも、感染症への対策が必要になります。

そして、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者さんが多く、COPDへの生活指導も大切になってきます。

外来看護は、診療の補助は勿論ですが、慢性疾患を抱える患者さんとの信頼関係を築き、治療が円滑に進むようにサポートすることが、

【看護師】人気の放射線科で働きたい!看護師転職の疑問Q&A!

転職を考えています。放射線科はどのようなところですか?


放射線科とは、放射線を用いて検査・診断や治療を行う診療科です。

具体的には、検査部門(画像診断部門)と、治療を行う治療部門に分けられます。

放射線を用いた検査には、主要なものとして超音波検査・レントゲン造影・MRI・CTがあります。治療部門では、悪性腫瘍の患者さんに対して、放射線を用いた治療をします。



放射線科の看護師の仕事を教えてください。

業務内容は、検査部門と治療部門で分かれます。

まず、検査部門ですが、放射線科医・放射線技師と協力をし、検査中の全身状態を観察しながら、異常の発見・合併症を予防に努めます。

患者さんは検査や診断結果に関して、少なからず不安を抱いています。患者

【看護師】心療内科の看護師の仕事って?転職成功のQ&A

心療内科の特徴を教えてください

心療内科とは、精神的要因によって生じた身体的症状を治療する診療科です。

一般的な内科とは異なり、身体的症状だけでなく、その原因となっている精神的要因・社会的要因にアプローチをして治療をするのが特徴です。

主に心身症の患者さんが対象です。近年、心療内科を標榜するクリニックは増加傾向にあり、ニーズも高まっています。



精神科とは違うのですか?

心療内科は一般的に内科領域の一部に分類されるため、精神科とは異なります。

心療内科が心身症を扱うのに対して、精神科ではうつ病や統合失調症などの精神疾患を治療しています。

しかし、近年では「精神科・心療内科」と併せて標榜している医療機関が増えています。

「精神科」という

【看護師】私でも働ける?どんな仕事をするの?神経内科への転職成功のQ&A

神経内科とはどのようなところですか?

神経内科とは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの疾患に対して、内科的な治療を行うところです。



どのよう疾患がありますか?

脳梗塞や脳出血などの脳の疾患、椎間板ヘルニアや脊髄炎などの脊髄疾患、ギランバレー症候群などの末梢神経疾患、筋肉と神経の接合した疾患である重症筋無力症や筋ジストロフィーなどがあります。



どのような勤務先がありますか?

総合病院や、クリニックの外来勤務です。



仕事の内容を教えてください。

病棟かクリニックかで異なります。

まず、病の仕事内容ですが、バイタルサインや全身状態の観察、注射や点滴の実施、内服の介助、レントゲン撮影やMRI撮影、採血などの検査の介助、体位変

【看護師】キャリアアップができる!? 内分泌科へ転職したい!転職成功のQ&A

内分泌科への転職を検討していますが、どのような科ですか?

内分泌科は、体のホルモンバランス維持に関わる臓器の疾患の治療を行うところです。

主な臓器として脳下垂体、甲状腺や副甲状腺、副腎や膵臓などがあります。男性性腺や女性性腺の生殖器官も扱っています。



どのような病気を看ますか?

糖尿病が一番多いです。

他には、高脂血症、バセドウ病、甲状腺機能低下症、骨粗鬆症などを看ます。



どのような勤務先がありますか?

病棟勤務やクリニックなどの外来勤務があります。

求人数も多いので、自分の好みに合った職場を選びましょう。



仕事内容を教えてください。

病棟かクリニックかで異なります。

バイタルサイン測定や全身状

【看護師】小児科で働きたい!そんな看護師のための、転職Q&A

小児科ってどんなところですか?

小児看護は0歳から15歳までが対象とされ、乳幼児期・学童期・思春期と、幅広い年齢層のケアに当たります。

成人であれば、呼吸器・消化器・循環器・泌尿器などといったように、専門科が異なるところを、小児科は基本的には小児期の疾病全般をカバーすることになる科であり、幅広い知識が必要になります。

小児科でも、入院病棟での看護と外来やクリニックでの看護では、仕事内容もかなり変わってきます。



子供がまだ小さいため、小児クリニックでの勤務を希望しています。具体的にはどんなお仕事なのでしょうか?

小児外来の仕事内容は、主に診察の介助・ケガなどの処置・簡単な検査の準備と介助・予防接種の介助・乳幼児検診の計測と介助などです。

乳幼児の

[看護師]心臓血管外科で働きたい!そんな看護師の転職成功のQ&A

心臓血管外科で働きたいと考えているのですが、どんなところですか?

心臓血管外科は、心臓と血管を扱う循環器系の中で、手術を必要とする疾患を担当する診療科です。

虚血性心疾患、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離などの病気を扱います。

ほとんどが手術による治療となり、人工心肺使用冠動脈バイパス術、弁形成術、人工弁置換術、ペースメーカー植込み手術、ステントグラフト術、カテーテル治療、超末梢下肢動脈バイパス術、下肢静脈瘤手術などが行われます。



心臓血管外科の特徴はどんなことですか?

医療の最先端の手術が日々何件も行われます。

緊急手術も多く、1分1秒を争う中で難易度の高い手術を行い、中には手術中に急変するケースもあります。

術後はICUでの集中治療となる

【看護師】産婦人科で働きたい! 転職の悩み解決Q&A

転職を考えています。産婦人科は特殊な科だと聞きますが、どんなところでしょうか?

産婦人科の特徴は、治療だけが目的の科ではないので、健康な方が出産のために受診するところです。

もちろん妊婦さんにも診察が必要ですし、ほかにも婦人科系の病気の治療も行います。
産科と婦人科に分かれている病院もあります。

その病院やクリニックによって、婦人科系の病気を看る病院、不妊治療を得意とする病院、患者さんの望む分娩方法を紹介・提供する病院など、性格が変わってきます。
転職の際には、その病院がどんな性格をもっているかを調べてみてください。



病院では妊婦さんと、婦人科系の重い病気の患者さんも同時に看護するのでしょうか。

病院の規模にもよります。
大きな病院では乳がん、

【看護師】血液内科でキャリアアップ!看護師転職の疑問解決Q&A!

血液内科の特徴を教えてください。

血液内科の特徴としては、悪性腫瘍や難治性疾患が多いことが挙げられます。

血液内科は、血液・造血器に関する幅広い疾患を治療する診療科で、鉄欠乏性貧血疾患や、白血病・多発性骨髄腫などの悪性腫瘍を治療します。
病棟内に無菌室が設置されているのも血液内科の特徴です。



血液内科での看護師の仕事内容を教えてください。

外来では、検査介助の業務や精神面へのケアが看護師に求められます。

血液内科に通院している方は、長期間治療を行っていたり、予後が不良な患者さんなので、精神的ケアを行うのも重要な役割です。

病棟では、血液疾患の症状や、悪性腫瘍に対する化学療法・放射線治療の副作用として、免疫力の低下がみられるため、感染予防のケア

【看護師】形成外科で働きたい!そんな看護師の転職成功のQ&A

形成外科ってどんなところですか?

形成外科は、身体の変形や欠損に対して、手術や特殊な処置によってその部位を正常に近づけることや、より美しくしていく診療科です。

主に、褥瘡や熱傷やケロイド状になった皮膚の治療、顔面骨折や口唇口蓋裂などの治療、乳癌患者様の乳房切除術後の乳房再建などをします。



整形外科や美容形成外科とは違うのですか?

整形外科や美容形成外科と混同されることがありますが、運動器に関わる治療をする整形外科とは診療内容が大きく違い、美容形成外科とは扱う疾患が違います。

しかし形成外科のクリニックの中では、保険診療のところと自由診療のところがあり、自由診療のクリニックは美容形成外科と診療内容が重なっている部分もあります。
一部の臓器や部位に限ら

【看護師】皮膚科・美容皮膚科に転職したい看護師へ。転職成功のQ&A

皮膚科はどんな診療科ですか?

皮膚・爪・毛の病気を診察・治療する診療科です。

器具を使わず、肉眼で見える体の部分が診療範囲なので、広範囲の診療を行います。

皮膚科には二種類があり、病気を診療する通常の皮膚科と、美容のための診療を行う美容皮膚科があります。
この二つで仕事内容が違いますので注意してください。



皮膚科の特徴を教えてください。

皮膚科は開業医のクリニックがほとんどなので、基本的に地元での勤務となります。

老若男女問わず幅広く地元の患者さんが訪れ、地域に貢献できます。そして、残業は非常に少なく家庭やプライベートとの両立がしやすいです。

美容皮膚科は、病気ではなく美容の改善・向上ためにお客さんが訪れることが特徴です。
こちらは病院によっ

【看護師】耳鼻咽喉科に転職したい看護師へ。転職成功のQ&A

耳鼻咽喉科ってどんなところですか?

耳鼻咽喉科は、耳・鼻・副鼻腔・口腔・咽頭・喉頭・気管・食道・唾液腺・甲状腺など、幅広い範囲を診療する診療科です。

また、子どもの患者さんが多いので、小児科経験があると重宝されます。

そして、内科的な投薬・指導治療を行うだけでなく、外科的治療も行っています。
レーザーや内視鏡での日帰り手術をすることも多いです。



耳鼻咽喉科の仕事内容を教えてください。

診察補助、注射、採血、検査補助などの基本的な看護業務に加え、処置介助、オペ介助などを行います。

検査内容は多岐に渡りますので、様々な器械の取り扱いをしっかり覚える必要があります。



耳鼻咽喉科特有の看護、看護技術を教えてください。

聴力やティンパノグラム

【看護師】脳神経外科へ転職したい!そんな看護師のQ&A

脳神経外科ってどんなところですか?

脳神経外科は、脳の疾患を扱う科です。

主に脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病、てんかんなどです。

超急性期から、全身麻酔の術後、リハビリ期と、様々な段階の患者様がいるため、幅広い看護が必要とされます。



脳神経外科の特徴は何ですか?

脳神経外科は、脳に関係した疾患を扱うため、生命に直結した非常に重要な役割を担う診療科です。

この領域は、医療技術が目覚ましく進歩しており、日々最先端の医療が更新されています。脳血管障害は、長い間日本の三大死因の中に入っていましたが、平成24年に4位となり、医療の進歩により死亡率が低下している病気です。

脳の中は患部を見て判断することが出来ないため、様々なモニター