【看護師】泌尿器科へ転職したい!成功のポイントQ&A

泌尿器科への転職を考えていますが、泌尿器科はどんなところですか。

尿にかかわる臓器を看るところです。

部位としては、尿管、膀胱、尿道、陰茎や副腎の治療がメインですが、内分泌疾患、腎臓病も扱います。

また、小児泌尿器科では、停留睾丸や停留精巣も受け入れます。



男性の病気を看るところかと思っていましたが、いろいろな疾患を看るんですね。

はい。
尿漏れ、肉眼的血尿などで悩んでいらっしゃる方は男性だけではありません。

そして、中年の方を看るイメージがあるかもしれませんが、近ごろは、性感染症や膀胱炎などで受診される若い女性もいらっしゃいます。



女性も受診するんですね。どんな勤務先がありますか。

クリニックや外来、病棟があります。



仕事の内容が知りたいです。


一般的に、クリニックでは手術以外の内科的な治療を行い、病棟では手術も含む外科的な治療を行います。


クリニックや外来ではバイタルチェックに問診、診察の介助、検査にたいする患者さんへの説明などがメインです。看護師の基本スキルがあればこなせます。

下半身の疾患ということもあり、患者さんは、病気に対する不安や恥ずかしさなど、デリケートな悩みを抱えていることが多いので、検査の説明をするときは、十分な配慮を怠らないようにします。

病棟では、内科的な業務に加えて、手術に関する準備や説明、周手術期の管理をします。術前の剃毛もあるので、繊細な作業を慎重にテキパキこなす器用さがあるといいですね。


近年はオペの設備や入院できるクリニックも増えていますので、オペや入院ができるクリニックと病棟の違いというのはそれほどないです。




クリニックも病棟も仕事内容が変わらない場合があるのですね。どんな患者さんを看ますか。

前立腺肥大症、尿路感染症、膀胱腫瘍、尿道カルンクラ、膀胱脱、子宮脱などの患者さんを看ます。

また、○○泌尿器科・透析科という風に、泌尿器科だけでなく、複数の科を標榜するクリニックでは、泌尿器科の病気以外に、腎不全の患者さんがいらっしゃることもあります。



腫瘍ということは、がん患者さんも看るのですか。どんなスキルが身に付きますか。

おっしゃるとおり、がん患者さんも看ますので、化学療法や放射線療法のスキル、コミュニケーションスキルに、透析の関連知識までもが身に付きます。

化学療法、放射線療法はがん患者さんの治療で、急性期からターミナル期の方まで様々なステージを看るチカラが必要です。

そして、疼痛コントロールや、男性のデリケートな悩みを専門的な観点から受け止める中で、メンタルケアとしてのコミュニケーションスキルが大切になります。

さらに、腎臓に循環器系、呼吸器系の解剖生理や病態生理が学べますし、腎不全の患者さんいらっしゃるため、透析に関する知識も学べます。



いろいろなスキルが身に付くのですね。キャリアアップは目指せますか?

はい。
キャリアアップで専門スキル取得も目指せます。

こちらは2種類の資格があり、排尿機能検査士と、感染症看護専門看護師です。

まず、排尿機能検査士は取得したスキルを使って患者さんに接したり、泌尿器科において特に高度な医療を提供できる人材として一目置かれまず。

また、感染症看護専門看護師を取ると、泌尿器科と関連のある性病科や地域医療における集団感染の予防に従事するための資格を取得する機会に恵まれます。



給与はどのくらいもらえますか。

入院施設の有無によって異なります。

具体的には、入院施設が無いクリニックや外来だと、20万円くらいです。
病棟だと夜勤が入るので、25万円くらいですね。

転職先に毎年ベースアップがあるかどうかも確認しておきましょう。



業務でたいへんだと思うことを教えてください。

覚える範囲が広いので、勉強量が多いことです。

それに、オペ後の急変が珍しくないので、患者さんのサインをに逃さないように、しっかりと観察・管理し、アセスメントできる能力が試される場です。

また、扱う分野が男性のデリケートな部分なので、女性看護師が敬遠され、男性看護師が指名されることがあるため、コミュニケーションスキルやワザを磨いて、患者さんの信頼を得られるように努めています。



患者さんに男性が多いと、セクハラが心配です。

安心してください。問題のある患者さんの情報は皆で共有して対策を取っています。

もし、何かあった場合は、患者さんへの対応を検討する必要があるので、自分で抱え込まず、きちんと報告してください。
そして、男性看護師に対応してもらうようにします。そのことで、患者さんによってはクレームを出してくることがありますが、最終的には医師に注意・対応を任せます。



やすみはとれますか。

取れますが、職場によって異なります。

たとえば、日曜や祝日盆休み、年末年始、GWと、行事の時に休みの病院もあれば、時間外の患者さんを受け入れているところもあります。



魅力を教えてください。

日帰り入院ができるクリニックだと、日勤のみでも手術の関係スキルが自然と身につくし、外科に関係するスキルもとても伸びるうえに夜勤はないので、子育てしながらでも勤めやすいです。

そして、診療科の特徴から、男性看護師が他の科に比べて多いので、女の園のような特殊な職場ではないところも精神的に楽です。

さらに、都心や駅の近くなどアクセスの良いところに通勤できますし、資格の取得により、待遇アップも見込めます。



転職するにあたって、良い求人の選び方をおしえてください。

未経験での転職も、泌尿器科は研修や教育を重視してくれる勤務先が多いです。

総合病院、大学病院、クリニック…いろいろな職場がありますが、好きなところを選んで問題ないです。もちろん、教育体制の有無の確認は忘れないようにしてください。

男性特有の病気を扱うため、女性のベテラン看護師、男性看護師が採用されやすいです。
このため、経験が少ない女性看護師が転職活動をする場合は、患者さんの性別や年齢層を踏まえたうえで職場を探してみると、良い結果につながります。