【看護師】循環器内科へ転職したい!Q&Aで成功のポイントを知ろう。

循環器科への転職は難しいですか。

はい。しかしながら、循環器科は、ほかの科目に関連する症状を知ることができるので、得るものが大きいです。

急変が多く、難しい心電図をよまなくてはならない現場です。
新人だと肉体的にも精神的にも、ものすごくハードですが、スキルアップしてキャリアを重ねたい方には適しています。
若いころに経験したほうが将来の糧にもなります。



循環器には循環器内科と循環器外科があると聞きました。どう違うのですか。

循環器科では、心臓病、血管の病気の患者さんを専門に看ます。
現状の一般的な治療の流れをカンタンに説明します。

循環器内科になるか、外科になるかの決め方ですが、まず、検査をしたうえで、総合的に判断をします。

循環器内科は…
薬を中心に使う治療やカテーテルを使うなど、侵襲の小さな手術での治療を行う患者さんを受け持ちます。

最近では、病変にたいしてカテーテル使って行う手術が進歩しており、内科での手術が増えてきました。

循環器外科は…
胸を開くような手術、動脈瘤や静脈瘤の手術のように侵襲が大きい手術が必要な患者さんを受け持ちます。



循環器内科は、内科なのに外科みたいなんですね。どんな病院がありますか。

循環器センター、大学病院、市民病院、総合病院、クリニックなど、さまざまな病院があります。



仕事内容を知りたいです。

基本的に、点滴や採血、診察介助、検査介助などは、どの病院へいっても共通しています。

ほかの業務は、入院施設の有り無しによって異なります。

入院施設がないクリニックや個人病院では…
問診、待合室や診察室などへの患者さんの誘導と、患者さんの状態を観察して、適した判断をする必要があります。そして、検査に必要な機器の準備や操作の介助、患者さんへのケアもします。

病院によっては、受け付けもこなさなければなりません。心臓の疾患を抱えている場合が多いので、急変が起こる可能性もあります。

入院施設がある循環器センター、大学病院、市民病院、総合病院の外来などは…
規模の大きい病院では、受付を機械で済ませることもあり、受け付けから診察室、検査室などへの患者さんの誘導までは、事務員がこなすことが多いです。

看護師の仕事は、検査に必要な機器の準備や操作の介助、患者さんへのケアなどです。

病棟の場合は…
外来の業務に加えて、入院している患者さんの健康管理や経過の観察、ケアをします。
検査の種類も多く、臓の狭窄がないかを見る心臓カテーテル検査、不整脈の治療では、心臓の不必要な伝導路を絶つアブレーション、正常な脈拍を保つためのペースメーカー植え込みなどがあります。

よく使われる道具は、心臓カテーテル、心電図、心血管エコー、CT、MRI、SPECTやPET(断層撮影)などが挙げられます。

そして、心電図を読まなければなりません。ナースステーション=モニター室と言っても過言ではないほどです。

患者さんの年齢層が幅広く、子どもから年配の方まで、さまざまな方が訪れます。
難しい医学の専門用語や手術について、看護師からわかりやすい説明をしたり、患者さんやご家族への精神的なケアも求められます。

循環器の病気は、喫煙、飲酒、肥満など、生活習慣との関連がとても深いです。薬での治療は大切ですが、生活そのものを見直していくため、生活習慣改善の指導がとても大事になってきます。

循環器科では、命に直結するようなことが多いので、他の病気とは分けたうえで、治療と再発の予防を行うのです。



どんな患者さんを看ますか。

おもに心臓循環器疾患や血管に関する病気で、虚血性心疾患、不整脈、感染性心内膜炎、心筋炎、心膜炎、などの心臓疾患や、高血圧症、などです。
関連する病気では、糖尿病や脳梗塞を一緒に診て、治療することが多いです。



どんなスキルが身に付きますか。

まず、心電図を読むスキルが身に付きます。

心電図は、実際にいろんな波形をみないことには習得できないと思います。ですが、波形は毎日見るものですから、すぐ覚わります。
転職前に、心電図の本を読んでおくのがおススメです。

次に、観察スキルが身に付きます。

患者さんの変化を見逃せないので、緊張感がありますが、観察スキルが身に付きます。
心電図では命にかかわる危険のある不整脈が含まれるため、患者の状態が急激に悪化することがあり、気が抜けないです。


そして、管理のスキルも身に付きます。

「定期的に薬を飲んでもらう」「水分を摂る量、心電図に変動がないか見せてもらう」など、管理の仕事も多いです。



どんな魅力がありますか。

まず、患者さんの病状がわかるようになります。

心電図が読めるようになれば、患者さんの病状がわかるようになります。「この波形になったら、次はこの可能性が予測できる」と教科書の通りなんです。
心電図は基本を押さえていれば、大丈夫。もちろん、イレギュラーもありますが、見てればだんだん解るようになります。解読が難しい時は同僚や医師に聞くのもアリです。

心筋梗塞だと、心電図をみれば、「この欠陥が詰まってる」と予想が出来るんですよ。

次に、患者さんをアセスメント出来るようになります。

常時モニタリングをしていて、ほんの少でも変化があらわれたら医師に報告します。すると、報告後に治療の方向が変わることがあります。
そんな時は、「気づいてくれてありがとう」と、担当医からお礼を言われますので、患者さんをアセスメント出来ている実感が持てます。


そして、とても高い専門性が身に付き、キャリアを積めます。

循環器科と心臓血管外科が一緒になって診ている病院も多いので、とても高い専門性が身に付き、キャリアを積めます。

患者さんの病変は、ほぼ、内臓のはたらきが変わることで起こります。症状としては血流や呼吸に現れることが多いので、他の科目にかかわることが多く、経験が浅い人だと、最初は瞬時に判断ができない、するべき行動がわからないなど、とくに精神面ではハードだとですが、後のキャリアを考えると、とても意義がある仕事になるのではないでしょうか。

緊張感=やりがい

つねに緊張感はありますが、やりがいだとも感じます。
処置オペをすれば症状が改善することも魅力の一つです。



他の科とくらべて、夜勤は大変ですか。

大変です。業務の量がものすごく多いんです。

なぜか人のいない夜間帯に限って急変する方が多いし、急変が重なるのもよくあることです…。

そして、定期的にルート類の確認や点滴の管理に回り、呼吸器、気切の方の状態も確認します。IN OUT バランスを確かめるため、時間尿やモニターも常にチェック。もちろん、異変があれば、すぐに医師に連絡。それに、ステルベンが重なるときもあります。特に、急変と入院が何件も重なると地獄です。

そして、突然おこるVT,VF。
スタッフ総出でかからないと救命できないときがあるので、夜勤は怖いです。

夜勤の人数は面接時に把握したほうがいいですよ。給料と同じくらい大切な確認事項ではないでしょうか。



つらいことはなんですか。

命に直結する科なので、患者さんのちょっとした変化に気づかなければ、患者さんが命を落とすことになりかねない現場だということです。

急変が多いので、空気はいつも張り詰めた感じがします。
張り詰めた空気の中での仕事は、息が詰まるし、体力の消耗も激しいです。

どこの病棟よりも忙しいし、覚えることの量がハンパなく、責任も重い。



つらいときは、どうやって乗り越えればいいですか。

素直に周りの先輩たちを頼りましょう。

「○○がつらいです」「私はこう考えているのですが…」など、まずは伝えるだけでいいです。
先輩も乗り越えてきていることなので、先輩たちはきっと手を差し伸べてくれます。

落ち込んだ時は、けっして一人で抱えないことがたいせつです。
インシデントと同じく、職場の人と共有しましょう。

波形、波形、とにかく波形。緊張してつぶれそうなときは、波形をみること。今はDVDもあるんじゃないかな。勉強できますよ。




休みはとれますか。

はい。ほかの科と変わらず、休みはとれます。

ただし、二交代制か、三交代制かによってことなりますので、自分に合う病院を探しましょう。「二交代制のほうが休みが増えて楽」「三交替のほうが稼げるからよい」など、人によってさまざまな意見があります。

希望の休みは病院によって、5日申請できる、3日申請できるなどさまざまです。



給料はいくらくらいもらえますか。

他の科と変わらず、平均的な額で3年目で28万くらいです。病院によっては、ICUなら35万くらい稼げます。
また、循環器専門ナースという資格もあります。資格取得に熱心な病院を選べば、資格手当がもらえます。

ただ、二交代制より三交代制のほうが、休みが減るので、給料も高いです。



将来、家族を持ちたいと思っています。産休や育休後、復職できますか。

産休や育休はとれますし、復職もできます。

ただ、復職の際は、循環器内科に限ったことではありませんが、病棟の場合だと、どうしても夜勤が入ってくるでしょう。

転職先は、ライフプランに合わせて選ぶとよいのではないでしょうか。
特に、出産後は想像する以上に忙しくなりますので、復職するときに困らないよう、地域の保育所や、院内保育ができるかどうか確認をしておきましょう。

具体的には、日勤や時短での勤務ができるかどうか、面接時に相談して、問題なければ転職を決める、ということでも問題ないです。



循環器で経験を積んだら、ほかの科へ転職はできますか。

まず、心電図を読めることがすごいことです。かつ、循環器は命にかかわる科なので、人の体にとって大切な領域を預かる科です。

この分野でしっかり仕事ができるようになったら、ある程度はどこへ行っても対応できるようになります。



じゃあ、循環器へ転職できれば、ライフプランも立てやすいですね。

人の体を日々勉強していく科ですから、しっかり経験を積めば、スキルアップができると思います。

常に自分から学ぶ姿勢で看護しいくといいです。目標も見えてくるでしょうし、目標ができれば、安定したライフプランの設計につながります。