【看護師】形成外科で働きたい!そんな看護師の転職成功のQ&A

形成外科ってどんなところですか?

形成外科は、身体の変形や欠損に対して、手術や特殊な処置によってその部位を正常に近づけることや、より美しくしていく診療科です。

主に、褥瘡や熱傷やケロイド状になった皮膚の治療、顔面骨折や口唇口蓋裂などの治療、乳癌患者様の乳房切除術後の乳房再建などをします。



整形外科や美容形成外科とは違うのですか?

整形外科や美容形成外科と混同されることがありますが、運動器に関わる治療をする整形外科とは診療内容が大きく違い、美容形成外科とは扱う疾患が違います。

しかし形成外科のクリニックの中では、保険診療のところと自由診療のところがあり、自由診療のクリニックは美容形成外科と診療内容が重なっている部分もあります。
一部の臓器や部位に限らず、全身が対象となる上、先天性奇形などの治療にあたる小児から、褥瘡ケアにあたる老年期まで、幅広い層の患者様を治療する科です。



形成外科での看護師の業務はどのようなものですか?

形成外科は、診療の特性上処置がとても多いので、処置の介助が主な業務と言えます。

患者様への処置の説明、必要物品の準備、処置中の体位保持などを行います。処置には痛みを伴う場合が多いので、なるべく患者様の負担が少なく済むよう、素早く正確に行う必要があります。小児は処置に激しく抵抗する場合もあり、しっかり固定することも大切です。


外来で行える処置内容は、縫合、レーザー照射、マイクロサージャリー、ケミカルピーリングなどがあります。

クリニックの場合はそれに加え、オペ室の業務があります。日帰り手術やレーザー治療が多く行われるので、外来業務とプラスしてオペの介助の業務にあたります。

形成外科のオペ室では、手術前後の準備・後片付けや、患者様への声掛け、体位変換や術中の補助、記録などが看護師の業務となります。

病棟の場合は、手術前後の管理や食事、排泄、保清に至るまで、患者様の日常生活を支援することが看護師の業務です。

術後の管理は、患部の固定や褥瘡ケア・スキンケア・フットケアなど、個別性に合った看護を提供していきます。他の診療科との連携も大切な業務です。

小児の先天性奇形のケースであれば小児科、乳房再建術であれば乳腺外科など、他科とスムーズに連携を取る必要があります。

また、患者様の精神面のケアも大切な仕事です。目に見える傷や病気は精神的ストレスが大きく、形成外科の患者様の多くは外見にコンプレックスを持っています。

中には「外に出られない」「人とコミュニケーションが取れない」などといった問題に発展している方もいます。

治療に対して、元通りになるのかという大きな不安を抱えた患者様と、そのご家族の心に寄り添うことは、看護師の大事な役割と言えます。
美容形成の分野であれば、患者様の要望をしっかり把握出来るよう、カウンセリング業務も必須となります。



形成外科に勤めることで、どんなメリット・デメリットがありますか?

形成外科はとにかく処置が多いので、処置に強くなれるというメリットがあります。

幅広い処置を経験することが出来、他科へ転職しても役立ちます。
外来であればオペ室の経験が積めることも、スキルアップにつながります。

デメリットとしては、命に関わるような患者様は少ないため、急変時の対応や、全身管理の機会が少なくなります。独特の業務が多く、他科への転職の際は、慣れるまで大変なことが多いです。

そして、独特の処置や手術による治療となるため、一から覚えなければならないことが多いです。これまで別の診療科で積んだ経験を生かして働きたいという場合は、これは大きなデメリットと言えます。



形成外科のお給料はいくら位ですか?

形成外科の看護師の給与は、外来やクリニックだと約25万円、夜勤のある病棟だと約30万円です。

オペ室経験があると給与アップの可能性があるので、アピールしましょう。

美容形成外科の自由診療を行っている形成外科クリニックだと、給与の相場が約30~35万円と高くなっています。

スキルアップして給与アップを狙うならば、形成外科で役立つ、皮膚・排泄ケアの認定看護師の資格を取得するという方法があります。

これは、ストーマケアや失禁ケア、褥瘡ケアなどの専門的な知識と技術を学んで取得できます。

ハードルの高い資格ではありますが、これらは形成外科の仕事に関わってくることなので、臨床で学習の成果を発揮できますし、大きなスキルアップになることは間違いありません。


形成外科のやりがいを教えてください。

目に見えた傷が目立たなくなり、患者様の精神面も元気になっていく様子を見ることが出来るところです。

形成外科の患者様は、事故や怪我による傷や先天性の奇形のために、人間関係で深く傷つき、コンプレックスを抱えている方が多いです。

治療により外見へのコンプレックスがなくなり自信を持った患者様の、QOLが向上していく姿を見られるのは嬉しいものです。