【看護師】血液内科でキャリアアップ!看護師転職の疑問解決Q&A!

血液内科の特徴を教えてください。

血液内科の特徴としては、悪性腫瘍や難治性疾患が多いことが挙げられます。

血液内科は、血液・造血器に関する幅広い疾患を治療する診療科で、鉄欠乏性貧血疾患や、白血病・多発性骨髄腫などの悪性腫瘍を治療します。
病棟内に無菌室が設置されているのも血液内科の特徴です。



血液内科での看護師の仕事内容を教えてください。

外来では、検査介助の業務や精神面へのケアが看護師に求められます。

血液内科に通院している方は、長期間治療を行っていたり、予後が不良な患者さんなので、精神的ケアを行うのも重要な役割です。

病棟では、血液疾患の症状や、悪性腫瘍に対する化学療法・放射線治療の副作用として、免疫力の低下がみられるため、感染予防のケアが重要です。

そのため、血液内科専門病棟では、日常の看護業務の中に感染予防を取り入れながらケアを行います。
また、血液内科では検査が非常に多いため、静脈血採血の処置や検査介助も頻回です。



どのようなスキルが身に付きますか?

高い専門性が身に付きます。

血液内科では特殊な検査・治療も多く行われています。
主な治療では輸血療法、放射線療法、化学療法があり、他科ではあまり経験できない造血幹細胞移植、骨髄検査の看護も実践できます。

血液疾患の患者さんの看護をすることで、血液検査のデーターを基に、症状を予測するアセスメント能力も身に付きます。
このように、多くの専門的知識・技術を身に付けられるのが、血液内科の魅力です。



血液内科ではどのようなことが大変ですか?

慣れるまでは多くの勉強が必要です。

また、難病や、予後不良の疾患を抱えた患者さんが多いため、精神的なケアも大切になります。
患者さんやご家族とのコミュニケーションに難しさを感じる看護師が多いです。



血液内科の給与を教えてください。

外来では22万~25万円、病棟では25万~28万円です。

専門性の高い診療科であるため、一般内科よりやや高くなります。
経験を積むことで、更に昇給が期待できます。



血液内科の看護のやりがいや魅力はどのような事ですか?

血液内科では、些細な検査データーの変動や、患者さんの変化に細やかに目を配りながら看護を行います。

患者さんとのコミニュケーションも密になりますから、人と人との関わりで得られるものも大きく、看護師としても、人間としても成長できるのが血液内科です。



看護師としてキャリアアップを目指しています。血液内科では認定看護師などの資格が取得できますか?

血液内科では、がん化学療法認定看護師や、がん性疼痛認定看護師の資格を取得することが可能です。

そして、感染管理についても学べるため、感染管理認定看護師も目指せます。

国内の血液疾患の患者は増加しており、血液内科ので経験を積んだ看護師の需要も増えています。

血液内科は専門性が高いことから、経験を重ねることでスキルアップが期待できます。


血液内科はどのような看護師に向いていますか?

血液内科は、細やかな気配りができる人に向いている分野です。

血液内科の看護師には、患者さんの些細な変化に気付く観察力と、細やかで丁寧なケアが求められます。

精神面のケアが重要となるため、コミニュケーションが得意な看護師さんも、能力を発揮できるでしょう。