【看護師】脳神経外科へ転職したい!そんな看護師のQ&A

脳神経外科ってどんなところですか?

脳神経外科は、脳の疾患を扱う科です。

主に脳梗塞や脳出血、脳腫瘍、頭部外傷、パーキンソン病、てんかんなどです。

超急性期から、全身麻酔の術後、リハビリ期と、様々な段階の患者様がいるため、幅広い看護が必要とされます。



脳神経外科の特徴は何ですか?

脳神経外科は、脳に関係した疾患を扱うため、生命に直結した非常に重要な役割を担う診療科です。

この領域は、医療技術が目覚ましく進歩しており、日々最先端の医療が更新されています。脳血管障害は、長い間日本の三大死因の中に入っていましたが、平成24年に4位となり、医療の進歩により死亡率が低下している病気です。

脳の中は患部を見て判断することが出来ないため、様々なモニターが装着され、その数値によって病状の変化を観察します。

又、脳に疾患を持つことで、麻痺が残った患者様や、意識レベルがクリアでない患者様を多く扱う点も特徴的です。



看護師の業務はどういったものがありますか?

毎日の業務内容は他の科とそれほど変わりませんが、脳を扱う科だけあって、ひとつひとつの業務をより細かく正確にこなさなければならないという特徴があります。

バイタルサインのチェックや医師の診療の補助、清潔ケア、食事介助、排泄介助、体位変換や移動の介助、点滴などが主な業務ですが、例えばバイタルサインのチェックは通常の検温に加えて、MMTと意識レベル、瞳孔の大きさ、対光反射、そしてモニターを装着している患者様はその数値などの観察も必須です。

クモ膜下出血や急性硬膜外血腫などの病態は1分1秒の違いで患者様の生命予後が大きく変動するので、きめ細かな観察力が求められます。

脳室ドレーンなどは、ベットアップの角度やドレーンの高さや圧など、厳重な管理が必要です。

又、片麻痺や嚥下障害が残る患者様も多く、ADLの介助やリハビリにも看護師が関わることになります。

急性期からリハビリ期まで様々な段階の患者様がおり、同じ疾患名でも症状や重症度、予後などが個々で違うことが多いため、患者様一人一人に合わせて看護計画を立てていかなければならないのも特徴です。

患者様と家族の精神的なケアをすることも、大切な看護のひとつです。



脳神経外科に勤めるメリットはどんなことがありますか?

1番は専門的な看護スキルが身に付くことです。

脳の状態を知るためにICP(頭蓋内圧)モニター、Aライン(動脈圧)モニター、心電図など様々なモニターを見ることが出来るようになり、その状態によって素早く適切な処置を行えるようになります。

CTを見て、どの部位に麻痺が残るかを予測しながら看護計画をたてていくため、CTを見る目も養えます。

脳の専門領域だけでなく、急性期の全身管理や全身麻酔後のケア、リハビリや作業療法など、幅広い経験を積むことが出来るので、将来どの分野に進んでも役に立ちます。

脳神経外科の医療技術は目覚ましく進歩しており、その現場は学習するにはとても良い環境です。

又、マニュアルがなく、個別性のある看護計画の立案は難しいですが、その分、自分の立てた看護計画で患者様の意識レベルが上がっていくのを実感出来た時はやりがいを感じます。



逆に大変なことはどんなことですか?

専門的な知識を覚えることが大変です。

モニターの数値が命綱となるので、各種モニターの正常値や危険な値を把握することはもちろんですが、これらの値は患者様によっても変わってきます。

又機器も何種類もあり、病態によって適切な機器を選ぶ必要があり、患者様一人一人に合わせたケアを行うためには、かなりの勉強が必要です。

体力的にハードなことも大変なことの一つです。

意識レベルの低い患者様が多く、介護的な仕事も看護師の役割となります。

体位変換や入浴・食事・排泄の介助は体力を使う重労働ですが、脳に疾患があるため、体を動かす時に注意が必要で、しっかり病気について理解しながら行うことが大切なのです。



残業はありますか?

残業は多いです。

脳の疾患は一刻を争う事態が発生することも多く、緊急の処置を必要とするため、どうしても残業になってしまいます。

その分給与に反映されるので、転職の際には残業代がしっかりつくかどうかを確認することをお勧めします。



お給料はどのくらいですか?

脳神経外科の看護師の給与は32万円が相場です。

地域によっても違いが出ますが、他の診療科と比べると高いです。残業が多いことや、介護的な業務も多く身体的に大変なので、高く設定されている病院が多いです。

脳卒中リハビリテーション看護や摂食・嚥下障害看護など脳神経外科の分野で役立つ認定看護師の資格を取得すると、給与アップを狙えます。



勉強するためには、どんな脳神経外科に転職するのが良いですか?

最先端の高度な治療が行われている超急性期の看護を勉強したいなら、脳卒中センターがある病院をお勧めします。

その地域の脳卒中の患者様が集中して搬送されるので、多くのケースを経験することが出来ます。

リハビリや在宅まで、トータルで脳疾患の患者様を看たいなら、脳神経外科の専門病院が良いです。

専門病院には将来リハビリ方面に転職したいと考えている看護師もいます。

他にも、脳神経外科のクリニックや、リハビリ期、慢性期の専門病院などもあります。何を学びたいかによって選ぶと良いですね。