【看護師】整形外科へ転職したい!成功のポイントQ&A

整形外科への転職を考えていますが、整形外科はどんなところですか。

骨折や捻挫などから運動機能の回復を図るところです。

部位にかんしては、手足や脊椎がメインですが、これらに係わる骨、関節、靭帯、神経、筋肉なども含まれます。骨腫瘍、腱断裂などの治療もします。



ブランクがあっても問題ないですか?

はい。

ブランクがあっても歓迎します。また、未経験の方でもやる気さえあれば、問題なくお仕事していただけます。

クリニックや外来だと日勤のみの募集がありますから、ちいさな子どもがいても、ライフプランに合わせて働けます。



どんな勤務先がありますか。

クリニックや外来、専門病院、外来、病棟、変わりダネでスポーツ整形外科があります。

スポーツが好きな人は、スポーツ整形外科を選んでも良いでしょう。
患者さんがスポーツ選手の場合は、競技を続けながら治療をするケースがありますので、スポーツの知識は必須です。



仕事の内容が知りたいです。

クリニックや外来と病棟によって内容が異なります。

クリニックや外来では…
観察から医療処置まで幅広い業務をこなします。具体的には、レントゲンや検査の準備、診察介助、患者さんの経過観察、採血、点滴などの医療処置、器具を滅菌したり、ギプスや包帯の交換まで、さまざまです。

クリニックによっては、レセもあります。


病棟では…
オペ出しと、オペ前後の周手術期の管理と看護、生活の指導とリハビリの介助などがあります。

オペの内容のうち、術式や手術の詳しい内容は、主治医や執刀医から患者さんとご家族に直接説明をします。

オペ前後のケアが看護師のつとめです。手術にたいして納得してもらえたか、不安はないかを丁寧にヒアリングします。納得度によっては、ふたたび医師に説明を依頼します。そして、術後の患者さんの管理もします。

特に整形外科では疼痛コントロールが大切です。終末期の患者さんでなくても、全人的な疼痛があります。患者さんの心理や社会的な状況も含めて個々のアセスメントをしていきます。



すごく幅が広いですね。優先的に覚えたほうがいいことはありますか。

骨や筋肉部位の名前と数を知っていることが基本です。ぜひ、入職前に覚えましょう。

あとは、包帯法を少しずつでいいので、身につけてください。整形外科では、看護師が包帯を巻きます。包帯はどこでも売っているので、カンタンに練習できますよ。誰かの体を借りてもいいですし、帰宅後、家具に巻き付けて練習してもいいです。

他は特に優先順位はないです。日々、目にした疾患から覚えていけば大丈夫ですよ。

たとえば、今日はギプスの患者さんが来たけれど、自分の手には負えなかったということなら、次にギプスの患者さんが来たときには対応できるようにしておきましょう。その努力ができれば、業務はこなせます。一つ一つ着実に覚えていってください。



どんな患者さんを看ますか。

肩こり、骨粗鬆症、腰椎椎間板ヘルニア、関節リウマチ、幼児期扁平足、鎖骨骨折など多種多様です。

高齢者で多いのは大腿骨折、スポーツ外傷です。



どんなスキルが身に付きますか。

クリニックや外来では…
危険肢位や良肢位などを考えながらケアするので、専門的なスキルが身に付きます。

病棟では…
24時間体制で患者さんの生活を知ることができます。日常生活にたいする指導と観察がしやすくなるので、学びは多いです。
整形外科の分野だけではく、内科的な疾患を持つ方もいらっしゃるので、内科的な知識も身に付きます。



給与はいくらくらいもらえますか。

クリニック、外来、病棟によってことなります。

クリニックや外来だと23万円程度です。
病棟だと夜勤の手当が付きますから、27万円程度です。

待遇のアップを狙うなら、専門看護師や認定看護師を取得するなど、スキルアップをしてワザを究めましょう。



たいへんだと思うことを教えてください。

成人の介助をするので、とにかく体力勝負です。

整形外科の治療方法は幅広いので、使うものや薬一つ取っても、普段は目にしないものが多いはずです。積極的に勉強を重ねていかないと何年たっても覚わりません。


クリニックだと突然の業務が出てくることがあります。たとえば、機械の故障、パソコンの起動不能、医師が急に器具の業者を変えると言ったり、いろいろなことがあります。
もちろん、「できません」では通用するはずがないので、自分で調べて解決しなければなりません。ちなみに、勤務する看護師が自分1人のこともあります。



魅力を教えてください。

雰囲気が明るいです。

患者さんは比較的元気なので、院内の雰囲気は軽快です。急変やステルベンが少ないので、幅広い年齢層の患者さんとじっくり関われるし、コミュニケーションを取るのが楽しいです。
事故やけがでの急性期から回復して、退院されるまでの過程を見れることはうれしく、つい顔がほころびます。

学べることがたくさんあります。

看るのが広範囲で、全人工股関節置換術、人工骨頭置換術、人工膝関節形成術など、さまざまな術式がありますが、クリニカルパスが術式別に作成されているので、まず何をすればいいかは判断しやすいです。
クリニックや外来だと、診察介助のときにドクターが患者さんに症状を説明されるのを聞くので、とても勉強になります。

続けていくほど専門看護師や認定看護師の資格に手が届きやすくなります。
学ぶほどに知識が広がりますので、運動器看護師、運動器リハビリテーションセラピスト、PT、OT、STを取得するなど、関心が深い看護師にとって、いろいろ挑戦できるところは魅力です。



転職するにあたって、良い求人の選び方をおしえてください。

整形外科はクリニックからスポーツ整形外科まで幅広い選択肢があります。

それぞれの施設によって働き方が異なってきますので、できるだけ多くの情報収集をすることが大切です。
良さそうなところを見つけたら、外来で良いので、一度現場へ足を運んでみてください。雰囲気を肌で感じれば、入職してから職場に溶け込めるかはおのずと見えてきます。

給与や福利厚生などの条件はもっとも大切なことの一つですので、転職前に確認しましょう。1人での転職活動が不安なら、転職サイトへの登録も一つの手です。

ぜひ、前向きにがんばってください。