【看護師】私でも働ける?どんな仕事をするの?神経内科への転職成功のQ&A

神経内科とはどのようなところですか?

神経内科とは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの疾患に対して、内科的な治療を行うところです。



どのよう疾患がありますか?

脳梗塞や脳出血などの脳の疾患、椎間板ヘルニアや脊髄炎などの脊髄疾患、ギランバレー症候群などの末梢神経疾患、筋肉と神経の接合した疾患である重症筋無力症や筋ジストロフィーなどがあります。



どのような勤務先がありますか?

総合病院や、クリニックの外来勤務です。



仕事の内容を教えてください。

病棟かクリニックかで異なります。

まず、病の仕事内容ですが、バイタルサインや全身状態の観察、注射や点滴の実施、内服の介助、レントゲン撮影やMRI撮影、採血などの検査の介助、体位変換やおむつ交換など、日常生活の援助をしますので、病棟勤務の経験のある方なら問題ないです。

神経内科では介助の必要な患者さんが多く入院しています。そのため体位変換や車いす移乗なども頻回です。

また、脳や脊髄などの重要な臓器の疾患を抱える患者ばかりなので、急変するリスクもあります。

特に全身状態の観察は入念に行う必要があります。

次に、クリニックの場合ですが、患者さんの問診や医師の診察の補助、レントゲン撮影や採血などの検査の介助、掃除や事務作業、レセプトなどです。

それぞれ勤務先によって業務は大きく異なります。事前に確認しておきましょう。



どのような患者さんが受診されますか。

めまいやふらつき、しびれや呂律困難、手足の脱力や物が二重に見える、などの脳神経症状を訴える方が多いです。

最近では認知症の患者さんも増えています。



神経内科ではどんな看護師が求められていますか?

体力や筋力に自信がある看護師です。

体位変換など全身を使った援助がとても多いので、体力勝負だといえます。
体力や筋力に自信がある看護師にぴったりの職場です。



神経内科で身につくスキルはありますか?

神経内科の専門的な知識や言語障害のある方、認知症の方とのコミュニケーションスキルが身につきます。

実際に臨床で経験することで、基本的な病態や看護まで、実践的な知識が身に付きます。

神経内科では言語障害のある患者さんが多く、非言語的コミュニケーションも重要です。

臨床経験を通して、患者さんの意図することを汲み取る能力が身に付きます。

また、認知症患者に対するコミュニケーションも学ぶことができます。



給料はどれくらいですか?

夜勤込で約30万円です。

夜勤のないクリニックの場合は夜勤手当が入らないため、月収20万円程度になります。夜勤がある分、病院勤務の方が収入が多いです。



残業はありますか?

残業はある場合が多いです。

勤務先にもよりますが、神経内科では患者のケアが多いので、忙しいですし、急変が起きると、定時に帰宅するのは難しいです。

子育て中の看護師など、残業ができない場合は事前によく確認してください。



神経内科の魅力を教えてください。

神経内科では、患者さんの回復を実感できることが最大の魅力です。

患者に多い脳梗塞や脳出血などの疾患では、急性期の段階ではほぼ寝たきりの場合もあります。自分では動けなかった患者が治療やリハビリを進めるにつれ、徐々に元気になっていきます。

目に見えて回復していく様子を見るのは看護師冥利に尽きます。

ぜひ神経内科で、やりがいあふれる看護を提供してみてくださいね。