【看護師】心療内科の看護師の仕事って?転職成功のQ&A

心療内科の特徴を教えてください

心療内科とは、精神的要因によって生じた身体的症状を治療する診療科です。

一般的な内科とは異なり、身体的症状だけでなく、その原因となっている精神的要因・社会的要因にアプローチをして治療をするのが特徴です。

主に心身症の患者さんが対象です。近年、心療内科を標榜するクリニックは増加傾向にあり、ニーズも高まっています。



精神科とは違うのですか?

心療内科は一般的に内科領域の一部に分類されるため、精神科とは異なります。

心療内科が心身症を扱うのに対して、精神科ではうつ病や統合失調症などの精神疾患を治療しています。

しかし、近年では「精神科・心療内科」と併せて標榜している医療機関が増えています。

「精神科」という表記に抵抗感をなくし、受診の敷居を低くするためです。この場合、精神科専門医が心療内科の外来を担当しています。

そのため、心療内科でうつ病など精神疾患の治療を行っている医療機関もあります。



心療内科の看護師の仕事内容を教えてください。

まず、外来看護ですが、医師の診療の補助を行います。

まず、患者さんの些細な動作や言動を観察し、身体症状の背景にある精神的な原因に目を向け、患者さんやご家族に声をかけながら、不安を取り除いていくのです。

その中で、時には医師への代弁者となって治療が円滑に進むようにサポートすることもあります。

次に、病棟です。外来看護に加えて、療養の世話もします。

一般的な内科病棟と同様に、点滴や採血などの処置を行ったり、セルフケア能力が低下した患者さんに対して、日常生活の援助を行います。

それに加えて、心療内科では心理面の看護ケアが求められます。患者さんの訴えを傾聴し、精神的支持を行うことが重要な役割です。



どんなことが大変ですか?

病気の要因が患者さんそれぞれで異なるので、原因の特定が難しいことです。

精神的ストレスは、仕事や家庭などの社会的な要因が背景となっていることが殆どです。

様々な要因が複雑に絡み合っていることが多いため、治療に長い時間がかかることもあります。



心療内科では、看護師としてのスキルが身に付くか心配です。どのようなスキルが身に付きますか?

心療内科看護師としての専門性が身に付きます。

心身症と合併して、身体疾患を抱えている患者さんも多いですから、幅広い知識や技術、傾聴や精神的苦痛へのケアなどのスキルが身に付くので、一般的な看護師としてのスキルと、心療内科看護師としての専門性の両方を身に付けることが出来ます。



やりがいはどのようなところですか?

患者さんと密に関われるところです。

心療内科では、病気を観るのではなく、患者さんを1人の人間として看る場所です。

患者さんとコミュニケーションを取って信頼関係を築き、個別に看護を行います。

容易なことではありませんが、ケアを通して患者さんが笑顔を取り戻していく喜びは、非常に大きいです。



給与はどのくらいですか?

地域や経験経験にもよりますが、外来では約18万~22万です。

病棟では夜勤手当がつくため、22万~26万です。経験年数を重ねることで、昇給が可能です。



どのような人に向いていますか?

コミュニケーション能力があり、人と関わることが好きな人に向いています。

心療内科では、患者さんの些細な言動に良く気付くことが大事です。

そして、効果的なコミュニケーションを図り、精神的支持をする役割が求められます。

患者さんと関わることで、自分自身も成長できるので、やりがいが持てますよ。



心療内科で働くメリットはありますか?

あります。

まず、時間外勤務が少なく、休日が多いことです。

そして、心療内科では急変や緊急入院も少ないので、一般的な内科や外科病棟よりも落ち着いています。

残業がなくて年間休日が多いですし、有給取得率も高くて、ライフプランが立てやすい、メリットがあるので、働き方を悩んでいる方にもおすすめの科です。