[看護師]心臓血管外科で働きたい!そんな看護師の転職成功のQ&A

心臓血管外科で働きたいと考えているのですが、どんなところですか?

心臓血管外科は、心臓と血管を扱う循環器系の中で、手術を必要とする疾患を担当する診療科です。

虚血性心疾患、弁膜症、大動脈瘤、大動脈解離などの病気を扱います。

ほとんどが手術による治療となり、人工心肺使用冠動脈バイパス術、弁形成術、人工弁置換術、ペースメーカー植込み手術、ステントグラフト術、カテーテル治療、超末梢下肢動脈バイパス術、下肢静脈瘤手術などが行われます。



心臓血管外科の特徴はどんなことですか?

医療の最先端の手術が日々何件も行われます。

緊急手術も多く、1分1秒を争う中で難易度の高い手術を行い、中には手術中に急変するケースもあります。

術後はICUでの集中治療となる場合もあり、常に緊迫した状態の中で治療をするので、一瞬も気を抜けない診療科です。

中には、手術を初めて経験する患者様もいます。「手術はうまくいくのか」「術後はどうなるのか」「元の生活に戻れるのか」そういった不安や疑問にしっかり答え、患者様とご家族に寄り添い、精神面のサポートをするのも看護師の役割です。



心臓血管外科で働く看護師の役割は何ですか?

手術の介助です。

心臓血管外科で行われる手術は難しいものが多いので、スムーズに手術が進むよう、器具を渡す順番やタイミングをしっかり判断します。

医師は繊細な手術に集中しなければならないので、呼吸を合わせることが重要です。

直接介助だけでなく、手術の記録、指示出し、申し送りや、患者様とご家族への声かけなどを行う間接介助も看護師の役割です。

手術室では、医師やその他様々な職種がチームとなって手術を行います。看護師もチームの一員として、他職種のメンバーとコミュニケーションをとることが重要です。

緊急手術もあるので、事前準備がなくとも、しっかり対応しなくてはなりません。場合によっては、術後の一定期間集中治療が必要なケースもあり、ICUでの看護も担当します。

病棟に戻る患者様も、術後は人工呼吸器やモニターを装着しているので、医療機器の取り扱いや心電図の知識はもとより、合併症を起こす危険性もあり、予防ケアの知識が必要とされます。

業務はハードで、高度な技術や知識と高い観察力、行動力もを求められる科です。



お給料の相場はどのくらいですか?

心臓血管外科で働く看護師の平均年収は、約400万円~500万円です。

大変なことも多い現場ですが、その分給与は少し高めといったところです。
一般的には民間の病院の方が高収入ですが、その分夜勤や残業も多い場合があります。忙しく、覚えることもたくさんあってハードな職場だけに、昇給だけを目当てに転職すると苦労します。

給与アップを狙うには、資格を取得するのもひとつです。心臓血管外科に関連する資格には、慢性心不全看護認定と手術看護認定があります。

どちらも認定されてから日が浅い資格でまだ人数も少ないので重宝されます。

心臓血管外科は日々勉強が必要な分野なので、認定看護師をひとつの目標にして学びを深めるのも良いですね。



心臓血管外科で働くデメリットはありますか?

仕事が忙しいです。

常に緊張感のある手術介助の仕事ですが、緊急搬送が多いため、緊急手術で急に手術介助をすることもあります。

容態が急変するケースもあるので残業になることも多く、働いている間は少しも気が抜けません。更に、休日出勤が必要となる場合もあるのです。

そして、手術やケアに関わるため、少しのミスも許されないといったプレッシャーと、目の前で患者様の容態が急変するケースもあり、精神的負担は大きいです。

他職種のスタッフや看護師間での連携は、素早く簡潔でてきぱきとした連絡が必要となるので、コミュニケーション能力も求められることに難しさを感じる人もいます。

専門的な知識も覚えることが多く、研修も多いので、ハードな仕事に加えて勉強も必要となり、体力勝負の現場と言えます。



心臓血管外科で働くメリットは何ですか?

心臓血管外科で働く看護師のメリットは、大きな手術を成功させることで、患者様が元気になって社会復帰していく姿を見ることが出来るところです。

難しい手術を行う緊迫した現場での仕事は、責任が重いですし、適切な介助を続ける技術と体力が求められますが、患者様の命を救うお手伝いが出来るというやりがいはとても大きいです。

最先端の手術を経験出来ることが何より大きなメリットです。


心臓血管外科ではペースメーカーやカテーテル、心電図を扱いますし、実践を通して学ぶことはとても多いので、難しい知識や技術を得ることでキャリアアップへのステップにもなります。看護師として成長出来ることは間違いありません。