取引所はどうやって選べばいい?安全な取引所を見分ける2つのポイント

よし、仮想通貨やってみよう!

そう決心した後に悩むのが、「取引所選び」ですよね。

まず、取引所って何するとこ?
なにを基準に選べばいい? 
安心な取引所ってどんなとこ?

そこで私が勉強して分かった取引所の選び方をお伝えします!

まず、取引所ってなにするとこ?

仮想通貨が買える!
そして売れる!

イメージとしてはネットオークションです。
売りたい人がいて、買いたい人がいて、その仲介役が取引所。
そのやり取りが高速で行われている感じです。

通貨を保管したり、売買する場所なので、セキュリティが心配ですね。
取引所によってもセキュリティ対策は違います。

過去には取引所が破綻したり、ハッカーの標的にされたりということがありました。
そのため取引所選びにはけっこー悩みます。

そこで次に安全な取引所の見分け方のポイントをご紹介!
取引所選びで、最低限抑えるポイントは2つです( `ー´)ノ

ポイント1 金融庁に登録されているか!?

認可を受けた取引所は安心、安全。
登録するのに厳しい条件があるからです。

2017年4月、改正資金決算法が施行されました。

これは仮想通貨が合法的な支払い手段として国に認められたってことを意味します。
それにより「仮想通貨ってうさんくさいわ~」って思ってた人もたちにも、「ちゃんとお金なのね」って信用にもつながりました。

ただ、国が認めたからには、きちんと取り締まらなきゃってことで、取引所も対象になりました。
金融庁の登録がないと取引所として事業できないよ。ってなったんです。

登録の条件はこんな感じ。

・資産が十分にあること
お金があるのは一番の信用!
・会社の資産と客の資産を分けて管理ができること
分割管理をする義務があり、仮に取引所が破綻しても預かっている通貨は保全される仕組み!
・本人確認を行うこと
・適切な説明を行うこと

ごく一部ですが、これらの条件をクリアする必要があります。
国が出した条件には、犯罪性と違法性を排除し、安全性を確保したい考えがあります。
登録されたということは、厳密なハードルをクリアしているってこと。

だから、登録されている取引所は、比較的安心、安全と言っていいと思います。

金融庁に登録されている取引所一覧

ポイント2 高いセキュリティ対策がされているか!?

二段階認証の設定
ログイン時や通貨売買の際には、パスワードが必要です。
通常のパスワードの他に、もう1回パスワードの入力が求められる仕組みです。
2回目のパスワードは、自分の携帯にSNSで送られたり、登録したメールアドレスに送られたりします。
二度手間ですが、セキュリティ面では安心ですね。

コールドウォレットの管理

通貨の保管には2種類あります。

・インターネトに接続されている保管場所(ホットウォレット)
・インターネットに接続されていない保管場所(コールドウォレット)

この、インターネットに接続していないウォレットで保管がされていることが重要です。
いくら有能なハッカーといえ、インターネットに接続していなければ侵入や盗難や不可能ですから。
侵入経路が存在しない点で、安心です。

ただ、迅速な取引のためには、一定量の通貨をホットウォレットで保管することも必要です。
取引所はこれらを使い分けて保管しているわけです。

マルチシグに対応しているか
通貨を移動させるときに、いくつものカギが必要な仕組みのこと。
詳しくは説明しませんが、複数人の承認が必要になるので、悪意ある第3者による操作を防ぎます。
例えば、内部の単独犯による持ち出しを防ぐことができます。

SSL暗号化通信
ネット上のやり取りを暗号化して、第3者に見られないようにする技術です。
SSLの強度が高いのは、ビットフライヤー、GMO、ビットバンクです。
SSLの強度が高い=安全性が高いと言えます。

2つのポイントを押さえて、自分に合った取引所を選ぶ

あとは自分に合った取引所を選びましょう。

手数料
取引所によって、手数料が40倍以上も金額に差が出ます。
各取引所ごとで違うので、よく調べてから利用しましょう。

コインの種類
取り扱うコインも、取引所によって違います。
自分が買いたいコインを扱っているかどうかを確認しましょう。

サーバーの強度
売買はタイミング。
ここぞって時にログインできないとか、サーバーが重いとか・・・
買い時、売り時を逃したくないですね。

とりあえず使ってみるのが一番!
口座開設は無料で、簡単にできるので。

今は申し込みする人が多くて、口座開設に時間がかかるみたい。
だから、とりあえず申し込みだけでもすぐに行いましょう。

3つは開設して、実際使って比較して、自分に似合うものを見つけましょう(^^)

取引所についてのQA

Q:一番コインの取り扱いが多いのは?
A:コインチェックです。
10種類のコインを取り扱っています。

Q:手数料が一番安いところは?
A:zaifです。マイナス手数料が特徴です。
ビットコインだけなら、コインチェックは手数料無料です。

Q:保証サービスがあるのは?
A:コインチェックとビットフライヤーです。
補償サービスがあるのはこの2つのみ!

Q:使ってる人が多いのは?
A:ビットフライヤーです。
取引量もダントツに多いです。

Q:資本金が多いのは?
ビットフライヤーです。
お金は信用!ばんざい!

Q:使いやすいのは?
A:コインチェックです。
デザインが見やすく、分かりやすい。アプリも使いやすい。
初心者から評判です。